ニュース一覧

雨漏りの対策

作業員

塗装業者を探すときの注意

屋上のある建物を持つオーナーさんが定期的に考えておきたいのが屋上の防水です。屋上はもっとも雨の影響を受けやすい箇所で、定期的な防水を行わなければ浸水による建物の被害が生じます。とくにRCの建物の場合、コンクリートを繋ぐ鉄筋が浸水により錆が生じ、躯体に亀裂を及ぼします。亀裂が生じたコンクリートに空気が雨水や空気が入ることで鉄筋はさらに腐食が進み、耐久性が損なわれます。屋上の防水は十年に一度行うことが良いと言われています。屋上防水を業者に依頼する場合、どこに注目したら良いかというと、信頼できる業者で正しい作業がされるかです。消費増税が囁かれる中、費用が掛かる塗装工事は需要が高く、最近では電話やメール等でアプローチする塗装業者も多く、トラブルが発生しているケースも多いようです。塗装でもっとも費用が掛かるのは手間代です。塗料のグレードはどの業者もほぼ一緒です。問題となるのは工法です。塗装前の調査、洗浄、下地処理が重要です。浸水箇所や亀裂の深さなど正しく調査が行われていなければ、上辺だけの作業となります。洗浄をしっかりと行わなければ密着性を損ないます。その上で下地処理を入念に行う必要があります。下地までがしっかりと行われたことを確認して上塗りも丁寧に行うことです。プライマーで密着性と浸透性を高め中塗りを重ね、雨や日照の影響を抑えるためのトップコートを正しく塗り重ねることです。価格重視の塗装業者で依頼すれば耐久性が劣るでしょう。

Copyright© 2018 屋上にテラスを作るなら防水が大切【直射日光や雨風で劣化しやすい】 All Rights Reserved.