ニュース一覧

家を守る工事のすすめ

作業員

定期的な塗装工事が必要

鉄筋コンクリート住宅など屋上があるお住まいで、屋上に水たまりなどを作らず快適に使い、雨漏りや湿気によるカビの防止、浸水による住宅のダメージを防ぐには防水塗装を施すことが必要となります。防水性の高いウレタンや塩ビ、改質アスファルトなどを用いた塗装剤を屋上の表面に塗装することで、撥水性や防水性を高め、雨や湿気から家を守る役割を果たしてくれます。もっとも、防水塗装の機能は種類やご家庭の環境などにもよりますが、耐久性が10年から15年ほどとなっており、時の経過とともに防水層が劣化し、水はけが悪くなったり、本来の機能が低下していきます。そのため、定期的なメンテナンスが必要で防水塗装を塗り直す必要があります。種類や工法により、一度、既存の塗装を全て撤去して塗り直す必要がある方法と、既存の防水層の上に塗り重ねていくことができる方法があります。塗り重ねることができるタイプのほうが、撤去費用や廃材費用がかからず、期間的にも短期間で施工が終えられるメリットがあります。もっとも、ご家庭の屋上の現状や地域の気候や環境など置かれている状況によって適正な工法は異なってきますから、防水塗装のエキスパート業者に相談して最適な提案を受けるのがおすすめです。多彩な方法の中から最適な工事を行ってもらえるよう、扱っている防水塗装剤の種類が多く、多彩な工法に適応した技術の高い実績豊富な業者に相談するのが安心です。定期メンテナンスのことも考え、アフターサービスも充実した業者を選択しましょう。

Copyright© 2018 屋上にテラスを作るなら防水が大切【直射日光や雨風で劣化しやすい】 All Rights Reserved.