ニュース一覧

水はけよく雨から家を守る

男性

性能や予算に合わせて選ぶ

近年は一般の戸建て住宅でも耐震性や耐火性の高い鉄筋コンクリート住宅も増え、2階建てや3階建ての建物に屋上が設置され、物干しやガーデニング、バーベキューパーティーなどに利用されるご家庭も少なくありません。もっとも、屋上の水はけが悪いと雨天の日や雨の後の洗濯もの干しが不快ですし、長期的に見れば湿気による建物のカビや雨の侵入による建物のダメージなども不安になってきます。水はけをよくし、雨や湿気によるダメージを防いで大切な家を守っていくうえでは、屋上の防水塗装を徹底することが望まれます。防水塗装には耐久性があるので、一度塗って終わりではなく定期的な塗り直しが必要ですので、新築から年数が経ったご家庭もメンテナンスを検討をしましょう。防水塗装にはいくつか種類があり、特徴や耐久性、費用などが異なってきます。屋上でよく利用される種類としてはウレタン、塩ビ、改質アスファルトシートが代表的です。ウレタン防水はエアコンの室外機や配管など障害物が多い屋上でも施工がしやすく、耐久性も10年ほど期待できます。メンテナンスも塗り重ねるだけで施工できるので、更新もしやすいのが魅力です。塩ビは耐久性が10年から15年と高く、機械固定工法を使うことで既存の防水層を撤去せず施工できるのが便利で、廃材費用のコストを抑えれます。一方、塩ビや改質アスファルトによる施工は障害物が多い屋上では施工が難しい特徴があるため、状況に応じて丁寧に提案や見積もりをしてもらいましょう。

Copyright© 2018 屋上にテラスを作るなら防水が大切【直射日光や雨風で劣化しやすい】 All Rights Reserved.