ニュース一覧

雨漏りの防止

住宅

対策とその違い

戸建て住宅などにおいて、雨漏りは住宅を傷めることになる最大の原因となる。雨漏りが発生すると宅内に水が浸入し、柱や天井の素材などに染み込んでしまう。柱などでは水に濡れてしまうことで腐食しやすくなるため、雨漏りが発生しないような対策が特に重要となる。雨漏りが発生する原因場所としてあるのが、屋上である。特に、屋上にバルコニーが設置されている住宅などでは、十分な防水対策を行わないと雨漏りに繋がりやすい。屋上バルコニーは平面になっているため、水がたまりやすくなる。通常は、水はけを良くするため、傾斜を付けることや排水溝の設置で水が溜まらないように対策されている。しかし、これらの排水溝にゴミなどが貯まり、水はけが悪くなると水が溜まり、宅内へ侵入しやすくなってしまう。これらを防ぐ方法としてあるのが、屋上への防水対策である。屋上から水漏れが発生する要素として、床面の亀裂がある。経年と共に床面が劣化し、亀裂が入ることがある。これらの亀裂から、水が入り込んでしまう恐れがある。屋上への防水対策では、床面一面に特殊なシートを張りつめる方法などがある。また、水はけの良い特殊な塗料を塗ることで、水がしみこむことを防ぐといった防水対策もある。これらの防水対策では、どのような素材を使用するかなどにより料金が変わるという特徴がある。屋上は、太陽光を直接受けやすく雨にもさらされるため、劣化が早くなる。その為、定期的な点検や防水対策が重要になる。

Copyright© 2018 屋上にも防水って必要?【雨風当たり続ける部分こそ工事を】 All Rights Reserved.