作業員

雨から建物を守る

屋上の防水で広く一般的に行われているのがウレタン防水です。ウレタン防水は既存の層の上に重ねて塗る簡単な工法となります。最近では塗料を購入してDIY作業を行う人も増えています。丁寧な作業を心がけましょう。

ニュース一覧

雨漏りへの事前対策

レディ

水の侵入を防ぐための方法

最近の一戸建て住宅などでは、屋上にテラスが設置されている住宅が増えている。屋上にテラスを付けることで、屋上でバーベキューなどをして楽しむことができる他、洗濯物を干すためのスペースとしての活用もできる。本格的なものでは、屋上に蛇口など台所の代わりとなる設備を設置しバーベキューなどで利用されるケースもある。これらの屋上のテラスなどでは利便性が上がる一方、雨漏りの原因となり易いという問題もある。屋上に平面スペースがあることで、水がたまりやすくなる。通常は水が溜まらないように、排水されやすい構造としているケースが多い。しかし、経年と共に劣化し、雨漏りの原因を生み出してしまうことがある。特に屋上では直射日光を受けやすく、雨風も受けやすいため劣化しやすい。これらの雨漏りなどを未然に防ぐ方法としてあるのが、防水対策である。防水対策では、特殊な防水シートを埋め込むなどにより対策が取られるケースが多い。特に水が入り込む原因となりやすい場所に対して、重点的に防水対策が行われる。簡易的な防水対策では、特殊な塗料などを塗ることで防水対策とするものもある。防水対策を行う場合には、専門の業者に依頼することで対策を行ってもらうことができる。雨漏りが発生してしまうと、その原因調査と改修工事などが発生し大きな費用が掛かってしまうことがある。また、雨水が宅内に侵入することで劣化を進めてしまう原因にもなる。その為、事前の対策が特に必要である。

男性

水はけよく雨から家を守る

屋上の防水塗装にはウレタン、塩ビ、改質アスファルトなどの種類があり、それぞれ耐久性や施工のしやすさ、費用が異なるほか、一定期間ごとのメンテナンスのしやすさも違ってきます。ご家庭の屋上に合わせて希望にあった種類の提案を受けましょう。

作業員

家を守る工事のすすめ

屋上の防水塗装は10年から15年など一定期間ごとのメンテナンスが必要になります。種類や工法によって費用や期間も異なってきますので、予算や状況に合った防水塗装ができるよう、技術力が高く実績豊富な業者に相談しましょう。

作業員

雨漏りの対策

建物を浸水被害から守るためには屋上の防水が重要となります。屋上の防水は業者に依頼する人が多いですが、価格重視の業者よりも、正しい工法で耐久性を重視する業者を選ぶことが建物を長期で守るため、費用対効果が上がるでしょう。

住宅

雨漏りの防止

屋上にバルコニーなどがある場合、防水対策を十分に行わないと雨漏りの原因となり易い。屋上への防水対策では、特殊な塗料やシートを敷き詰めることで対策する方法などがある。防水対策の種類により、耐久や値段が変わってくる。

Copyright© 2018 屋上にテラスを作るなら防水が大切【直射日光や雨風で劣化しやすい】 All Rights Reserved.